マンションを売却して感じたこと

転勤を理由にマンションの売却を考える

私は、マンションを所有していましたが転勤を理由にとうとう売却することにしました。
今まで住んでいたマンションが嫌だったわけではありませんが、少なくとも単身赴任するよりは良いと感じたわけです。
会社だとしても、いちど住宅を購入してしまえば頻繁に転勤はしないと言っていたもののそれでも転勤が続いたためとりあえず新しい環境に変えて様子を見ようと思いました。
とはいっても、そう簡単に売却できるかどうかがなかなかわかりません。
そこで、妻と話し合ってより魅力的な不動産会社を選ぶことにしました。
私たちが夫婦円満の秘訣は何かと問われればやはりしっかりと話し合うことだと考えています。
一方的に決めるのではなく十分に話し合った上で決めることでより良い結果を出すことができたわけです。
かつて私は、自動車を売却するときに妻の同意を得ないまま売却しかなり険悪な雰囲気になったことを覚えています。
そのような事例を考えれば、やはり妻の同意は非常に大事だと思っています。
不動産会社に連絡を入れるとすぐ次の日に担当者が来てくれました。
私と同じ位か少し若い位の方でしたが、なかなか頼りになる方です。
その道20年のベテランと言っていましたので、たいていの質問には答えてくれます。

転勤を理由にマンションの売却を考える : 妻との話し合いで不動産会社に任せることに : 不動産会社のおかげで思ったより簡単に売ることができた : マンション売却に成功した体験があります